So-net無料ブログ作成
検索選択
-| 2016年02月 |2016年03月 ブログトップ

逆流性食道炎

逆流性食道炎とは、胃の内容物は消化され下へと流れていくのですが、上に逆流して食道を痛めつけてしまう病気です。

胃液の逆流は健康な人にも起こります。

それが老化や生活習慣などや食事の嗜好により逆流が起こりがちになり、胃液や十二指腸液が食道に逆流して、食道内に粘膜に炎症が起きることを逆流性食道炎といいます。

胃と食道を隔てる括約筋の働きが衰えを見せ始める60代以上の患者の割合が多い病気です。

また食生活の欧米化が関係しているともいわれ、若年層の患者も増加の傾向にあります。

症状として特徴的なのが胸焼けです。

胸痛や、食べると食道付近に詰まった感じがする、咳や喘息のような咳が出る、などです。

その他の症状として逆流性食道炎が進行し、食道潰瘍を引き起こしてしまい吐血や貧血などの症状が見られたり、食道狭窄といって食べ物が喉に通らなくなるといった症状が見られることもあります。

この病気に1番いいのは予防することです。

症状が比較的軽い場合は、予防を兼ね、日常生活や食事に配慮することで治療につながるのです。

まず食事については、症状を悪化させる食べ物、油っこい、甘い、酸っぱい物、アルコールやコーヒー、炭酸飲料などを控えることです。

タバコは控え、食べた後はすぐに横にならないようにします。

もし胸焼けなどの症状が現われた場合は上半身を起こし逆流しにくい姿勢になると、症状が軽減されます。

それでも症状が治まらない場合は、消化器内科の専門医に胃酸の分泌を抑えたり、胃腸の状態を整える薬の処方を受けるといいでしょう。

また、逆流性食道炎から他の病気に罹っている可能性があります。一度検査を受けると良いでしょう。

神経性食欲低下症

一般的にこの病気は、拒食症の名前で知られています。

女性に多い症状と言われ、男性には余り見られません。

患者も子供から大人まで罹ります。

拒食症は「太りたくない」「痩せたい」という、肥満に対する恐怖心からストレスを生じさせ、結果食欲がなくなり、食事をすることを拒否してしまうものです。

こういった拒食症や、逆の症状である過食症を摂食障害といいます。

摂食障害を起こす人の性格として、強い上昇志向、強迫傾向、ヒステリー傾向などが挙げられます。

過食症の主な原因も拒食症と変りません。

ストレスにより食べることで解消しようとし、食べ過ぎてしまうのです。

また、拒食症から過食症へ転じる場合もあります。

一般的に拒食症の場合は気分が落ち込んでいることが多いようです。

拒食症では主に2つの症状のパターンがあります。

1つ目はほとんど食べないために、体重が減少し、標準体重の8割以下になってしまい、不自然な、俗に言う激やせ状態になってしまうものです。

そして月経が停止したり、体のだるさを訴えるようになります。

2つ目は過剰な程に食べ過ぎてしまい、胸焼けやげっぷなどの症状が起き、自分で口に指を突っ込み食べた物を吐かせてしまうことが常習化し、結果逆にやせていってしまうものです。

心療内科や精神科での処方や、カウンセリング、症状が酷い場合は入院が必要なこともあるでしょう。

またこの病気は患者を取り巻く周囲の人々や環境などの背景も大きく影響を与えます。

病気の根本となる背景の問題を解決するために、周囲の協力も必要でしょう。

空気嚥下症

空気嚥下症とはどんな病気でしょう。

食事中以外にも無意識に大量の空気を飲み込んでしまい、胃や腸に空気がたまる状態のことです。

主に早食い、口呼吸、唾液を常に飲むといった癖を持つ人にみられます。

また精神的に不安定な状態(抑うつ、神経症、ヒステリーなど)の時や、呼吸不全、心不全などを起こした時にも現れることがあります。

上側の腹部膨満感、圧迫感、左わきばらの痛み、しゃっくり、胸焼けやげっぷの症状がみられます。

膨張感や圧迫感などの症状はげっぷなどによって、貯まった空気を出すことで多少軽減される場合が有ります。

この病気は、最初に胃腸の症状として表れることが多いので、まずは消化器内科で専門医の診断を受けることが大切です。

胃や食道に以上がない場合は心療内科や精神科での診断・治療を受けるのもいいでしょう。

しかしながら、空気嚥下症は原因が明らかになっていないため、特有の治療法はありません。

空気を嚥下する習慣や食生活の改善する、不安や緊張の緩和や解消などが重要です。

空気を飲み込まないために食事はゆっくりとよく噛んで食べるように心懸けてください。

また、アルコールや香辛料などの刺激物、炭酸飲料、甘いもの、脂の多いものなどはなるべく避けます。


-|2016年02月 |2016年03月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。