So-net無料ブログ作成

空気嚥下症

空気嚥下症とはどんな病気でしょう。

食事中以外にも無意識に大量の空気を飲み込んでしまい、胃や腸に空気がたまる状態のことです。

主に早食い、口呼吸、唾液を常に飲むといった癖を持つ人にみられます。

また精神的に不安定な状態(抑うつ、神経症、ヒステリーなど)の時や、呼吸不全、心不全などを起こした時にも現れることがあります。

上側の腹部膨満感、圧迫感、左わきばらの痛み、しゃっくり、胸焼けやげっぷの症状がみられます。

膨張感や圧迫感などの症状はげっぷなどによって、貯まった空気を出すことで多少軽減される場合が有ります。

この病気は、最初に胃腸の症状として表れることが多いので、まずは消化器内科で専門医の診断を受けることが大切です。

胃や食道に以上がない場合は心療内科や精神科での診断・治療を受けるのもいいでしょう。

しかしながら、空気嚥下症は原因が明らかになっていないため、特有の治療法はありません。

空気を嚥下する習慣や食生活の改善する、不安や緊張の緩和や解消などが重要です。

空気を飲み込まないために食事はゆっくりとよく噛んで食べるように心懸けてください。

また、アルコールや香辛料などの刺激物、炭酸飲料、甘いもの、脂の多いものなどはなるべく避けます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。