So-net無料ブログ作成
検索選択

神経性食欲低下症

一般的にこの病気は、拒食症の名前で知られています。

女性に多い症状と言われ、男性には余り見られません。

患者も子供から大人まで罹ります。

拒食症は「太りたくない」「痩せたい」という、肥満に対する恐怖心からストレスを生じさせ、結果食欲がなくなり、食事をすることを拒否してしまうものです。

こういった拒食症や、逆の症状である過食症を摂食障害といいます。

摂食障害を起こす人の性格として、強い上昇志向、強迫傾向、ヒステリー傾向などが挙げられます。

過食症の主な原因も拒食症と変りません。

ストレスにより食べることで解消しようとし、食べ過ぎてしまうのです。

また、拒食症から過食症へ転じる場合もあります。

一般的に拒食症の場合は気分が落ち込んでいることが多いようです。

拒食症では主に2つの症状のパターンがあります。

1つ目はほとんど食べないために、体重が減少し、標準体重の8割以下になってしまい、不自然な、俗に言う激やせ状態になってしまうものです。

そして月経が停止したり、体のだるさを訴えるようになります。

2つ目は過剰な程に食べ過ぎてしまい、胸焼けやげっぷなどの症状が起き、自分で口に指を突っ込み食べた物を吐かせてしまうことが常習化し、結果逆にやせていってしまうものです。

心療内科や精神科での処方や、カウンセリング、症状が酷い場合は入院が必要なこともあるでしょう。

またこの病気は患者を取り巻く周囲の人々や環境などの背景も大きく影響を与えます。

病気の根本となる背景の問題を解決するために、周囲の協力も必要でしょう。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。